BLOG

いろいろQ&A 

いろいろQ&A 

ここ数週間でレッスン生の皆さんから受けた質問と、僕なりの答えを今日はブログに。


Q 「最初は先生も硬かったのですか?」

とてもとても、非常に硬かったです。前屈をして、頭が足につく未来は想像できなかったです。でも、「とにかく正しい姿勢でポーズと向き合う」ことを意識していました。No hurry. 正しく行っていれば、正しい未来が自ずと近づいてきてくれる感触を持っています。

Q 「何を食べていますか?」

いろいろ食べています。特に食べている量が多い順に、野菜・豆・そば・玄米・魚。お酒も普通に飲みます。ヨガをはじめた頃は1日2食でしたが、最近は1食、または1.5食程度です。体を休める日は2食をしっかり食べています。

スクリーンショット 2018-10-22 15.52.00

Q 「ヨガをする時間はいつがいいですか?」

朝の時間、早ければ早い方が良さそうです。というのも、太陽のエネルギーが地球に降り注ぐ時間が最もヨガにふさわしいとされる話が伝統的で、僕自身もそのように感じています。ただ、家庭や仕事のご都合などもあると思いますので、みなさんが「やりたい!」と思う時間帯がよいと思います。個人的な感覚としては、日が沈んだ後は心も体も休める方向に向かっていった方がよい気がするので、夜はヨガプラクティスをすることはありません。

Q 「身長と体重は?」

170cm、60kg。 最近、自分の練習量を増やした影響か、少し体が絞れてきました。痩せすぎも疲れが溜まる気がするので、練習量とともに食べる量にも気を配っています。ちなみにヨガを始める前は73kgほどでした。

Q 「呼吸と動きが合わせづらいのですが・・・」

ラブソングを聞きながらプラクティスするのがオススメです。呼吸のテンポを一定に保ち、そのテンポに動きを合わせていきます。吸う息がソウ、吐く息がハム。その音を頭の中でイメージしながら、ラブソングなどのある程度ゆっくりした音楽に身を委ねていきます。→ご興味ある方はレッスン時に詳細をお伝えします。

Q 「ヨガウエアは必要ですか?」

僕自身、ヨガウエアを持っていません。動きやすい格好であれば、何でもいいと思います。ただ、ダボっとゆるめの服よりは、タイト目の服の方が体を意識しやすいのでオススメです。

スクリーンショット 2018-10-31 16.43.33

Q 「ヨガで怪我はしないのですか?」

怪我や失敗も含めて、成長なのだと感じています。骨折や、関節が動かなくなるほどの怪我、一瞬で強烈な痛みが走るような状態はよろしくないですが、自分をしっかりと見つめていく過程の中で、その限界を目の当たりにする時もあると思います。みなさんにそこまでやってください、というわけではないですが、僕自身、週に1度か2度、マットから2mほど離れた場所までド派手に転んだりしています。失敗は、成功への道標。そんな頑張っている自分も認めてあげてください(^^)

Q 「好きなポーズ、嫌いなポーズはありますか?」

苦手かどうかは思うことがありますが、好き・嫌いでポーズを捉えたことがないので、そういった感覚を持ったことがありません。食べ物も、好き嫌いはない方です。

Q 「ヨガ以外のスポーツや運動は?」

以前はいろいろとやっていましたが、今はヨガしかやっていません。子供たちと公園に行く際などに、懸垂だけ少しやります。ヨガは大地をプッシュする動きは多いですが、懸垂のように「引く」動きが少ないと感じているので、懸垂を行うと体のバランスが取れる気がしています。

fukue-nagasaki_0185-2-2

Q 「オススメのヨガマットは?」

【ジェイド ヨガマット ハーモニープロ】
僕が最初に買った、本格的な天然ゴムのヨガマット。
グリップ力に優れ、非常に使いやすく、現在でも自宅で使用しています。
【マンドゥカ エコライト 4mm】
【マンドゥカ エコヨガマット 5mm】
マンドゥカ社のマットをesseでも使っています。僕が使っているのは 5mm の方です。
4mm、5mm ともに 天然ゴム+リサイクルシルク で出来ていて、双方、非常に質が高いと感じています。5mmの方は3kgあるので、まあまあ重いです。今後、自分のヨガマットをスタジオや別の場所に持ち歩くなら、少し軽めの4mm の方がよろしいかと思います。

スクリーンショット 2018-10-17 12.56.37

Q 「怪我がある私でもヨガは出来ますか?」

右肩関節脱臼癖、右膝後十字靭帯断裂、両足首靭帯断裂、脳動脈瘤手術による頭部左側開頭跡 などが僕の主な怪我などの既往歴です。特に頭の開頭跡は、今でも急激な運動をすると一気に頭痛が訪れるので、走ったりすることはありません。でも、ヨガは深い呼吸とともに体を動かしていくので、頭立ちしても頭痛が走ることはありません。(最初の頃はありましたが、徐々に呼吸の深め方を体感できるようになりました)。あの凄まじい頭痛の過去と、その痛みとともにヨガを行ってきた自分としては、「ここまで体に無理をさせず、開頭手術後でも少しずつ深みを感じていけるヨガはすごいなぁ」と日々実感しています。

スクリーンショット 2018-10-24 14.22.12

Q 「スタジオ近くの好きなお店や場所は?」

モダナーク・ファームカフェさん
http://modernark-cafe.chronicle.co.jp
ネイバーフードさん
http://neighborfood-kobe.com
お気軽健康cafe あげは さん
http://cafe-ageha.jp

素敵なショップがたくさんある神戸・元町。その中でも特に好きなお店がこちらです。

Q 「いつも体調が良いのですか?」

体調が悪い日はほとんどないですが、いつも万全ではありません。きっと、100%何の問題も無い瞬間、というもの自体が存在し得ないのではないかと感じています。いつもどこかに、気にすべき何かがある。だからこそ意識を巡らせ、体の声に敏感であることが大切なのだと思います。実際、ここ数週間は右手首がまあまあ痛いですが、きっとこれを乗り越えたら体が強くなるという確信があるので、プラクティスをやめるという選択はしていません。逆に、急激な運動は頭が痛くなる確信があるのでしないというように、自分の体と常に相談をしているイメージです。

 


 

今日はこのあたりで。

また質問などを受けることがあったら、また書いてみます!

 

11月ですね。

あたたかくして過ごしていきましょう!

 

keep warm & keep breathing !!!

 

ふちえ

59のアサナから感じている現在

59のアサナから感じている現在
surya namaskar A ×5
surya namaskar B ×5

utthita trikonasana

virabhadrasana 2
reverse warrior
utthita parsvakonasana
anjaneyasana
eka pada rajakapotasana
ardha chandrasana
ardha chandra chapasana
paschimottanasana
ardha baddha parma paschimottanasana
buddha konasana
hindolasana
ardha matsyendrasana
krounchasana
parivrtta surya yantra asana
janu sirsasana
samakonasana
hanumanasana
surya namaskar A
parsvottanasana
prasarita padottanasana
virasana
garudasana
gomukhasana
ustrasana
bakasana
eka pada koundinyasana 2
eka pada galavasana
titibasana
purvottanasana
matsyasana
urdhva dhanurasana
dwi pada viparita dandasana
halasana
navasana
ubhaya padangusthasana
surya namaskar A
parsvakonasana (airplane)
badha parsvakonasana
svarga dvijasana
visvamitrasana
urdhva prasarita eka padasana
vrikshasana
ardha buddha padmottanasana
vatayanasa
pinchamayurasana
surya namaskar A
20181017 wed
++ ++ ++ ++ ++ ++ ++
僕は以前から、毎日ほぼ同じ流れのヨガを自分のプラクティスとして継続してきました。
「継続して重ねていくことに意味がある」と強く感じているため、
そのような練習スタイルになっている気がします。
この日はこれをやって、次の日はあれをやって、というものではないやり方の方が、自分にはあっているというのが一番の理由だと思います。
ベースとなる流れを考え、それを約3ヶ月程度、継続していきました。
その後、その時その時に「やってみたいな」「意味がありそうだな」というアサナを加え、
現在の流れとなっています。
ここ1ヶ月ほどはその流れに変化はなく、数えてみると最近は59のアサナを行っているようです。
最初は30もなかったアサナの流れに、少しずつ少しずつ、アサナを加えてきました。
削ったアサナもいくつかありますが、ほとんどをそのまま紡いで現在に至っており、これは今後もそのようにしていくと思います。
スクリーンショット 2018-10-17 12.46.55
parsvottanasana

【3ヶ月集中プライベートトレーニング】 では、基本的に太陽礼拝から始めて、

その人の体のクセや怪我の既往歴などを考慮しながら、

少しずつアサナを加えて、

最終的に40分程度のヨガアサナを自ら練習していける状態を目指していきます。

僕自身が行ってきた練習の積み重ね方と同じスタイルです。

でも、加えるアサナはその人その人によって違っていいと思っているので

太陽礼拝をしっかりと体得し、その後は肩周りを重点的にやる方もいれば

太陽礼拝から「流れ」を意識して様々なアサナを紡いでいく方もいらっしゃいます。

3回目、4回目のレッスンあたりで16〜20程度のアサナを練習している方が多いですね。

スクリーンショット 2018-10-17 12.50.26
eka pada koundinyasana 2

シンプルなものほど、奥が深い。

これこそが、体感している気持ちです。

別に難しいアサナなんて、目指さなくていいと思います。

基礎となるものをしっかり継続していれば、そういったものは突然目の前にやってくるはずなので。

自分から目指さなくても、「今の自分」に集中していれば、未来は自ずと訪れてくれます。

今の流れの中、今の自分にとってキーとなるポーズが5つほどあるのですが、

この5つは全て、「基本となるポーズ」をしっかり行うことで深まっていくと感じています。

例えば、太陽礼拝。僕は5回目の太陽礼拝のダウンドッグの際に、体内の熱が一気に上がっていくのを感じています。

その後、アルダ・チャンドラアサナ(半月のポーズ)。胸よりも頭が下になる、いわゆる「逆転」のバランスポーズ。ここでも熱が一気に上がってきます。

この2つの熱を持ってして、座位のポーズを深めていきます。この座位の深まりが、その後の流れに大きな影響を与えてくれます。

座位が深まった分、アームバランスも逆転も深めていける気がしています。

スクリーンショット 2018-10-17 12.59.37
pinchamayurasana

今の流れの中では最後のポーズとしている「ピンチャマユラーサナ(孔雀の羽のポーズ)」。

これは体の使い方云々も大切だと思っていますが、

それ以上に僕にとっては

「きちんと節制したか」

が深まりを感じられるかそうでないかの分かれ目だと思っています。(最近、そう感じるようになりました)

節制とは、時間の使い方、様々な仕事のやり方、食生活の整え方、気持ちの持ち方、そんなものの全てがそこに含まれています。

適切に節制できている状態の時は、このポーズが深まっていきます。

なんだか節制が甘い状態の日は、全くこのポーズに入っていくことが出来ません。

だからこそ、今の僕にとって大切なものは「節制」なのだと感じています。

ヨガは、体を通して色々な動きを紡いでいきますが、

そういう時間の中で、哲学的なものが降ってくることもありますね。

だからこそ、ヨガが魅力的で、人生をかけて追求していきたいと思わせられているのだと感じています。

keep breathing…

Thank you & namaste.

 



【3ヶ月集中プライベートトレーニング】



凝縮したパーソナルヨガで

短期間で自分を変える!

IMG_4965

人の数ほど、ヨガはあります。

一般的な「講師からのヨガポーズの伝達」ではなく、

あなたの「ポーズの得意・不得意」「ケガの既往歴」などを考慮しながら

ヨガアサナを徹底的に基礎から学び、見つめ直して、

あなたにあったシークエンスを講師と一緒に創造する集中トレーニング。

その先にある「大きな成長」を一緒に築いていきましょう!

スクリーンショット 2018-08-24 18.53.32

【ヨガ】+【自分を正しく知る】

20時間プライベートトレーニング

 

「ホットヨガのグループレッスンに行ったけど、ついていけなくて挫折した」

「ポーズの練習をしているが、自分が正しくできているか分からない」

「怪我が痛くてレッスンについていけない」

「呼吸が難しくて、ヨガを辞めた」

こんにちは。

ヨガスタジオ【esse】代表の淵江亮一です。

 

ヨガをお伝えするようになって、そんな声を耳にすることがよくあります。

僕はこう思っています。

 

ひとりひとりにあったヨガがこの世の中には存在していて、

誰かのヨガの形に合わせる必要なんかなく、

自分が心地よく生きていけるヨガを見つけることができれば

それは何よりの幸せなのだ、と。 


より本質的で、より自由なヨガの時間。

不明点を確実に解消しながら、

正しく身体を知る事で

深く心にまでアプローチするヨガの時間。

そんなヨガをお伝えし、一緒に築いていければと思っています。


<約束>

【ヨガ】+【自分を正しく知る】

効率的なメソッドで、3カ月で体を変化させる!

スクリーンショット 2018-08-22 17.08.38

一般的なポーズ練習だけのヨガからの卒業。

自らの身体を正しく認識し、ヨガはもちろん体作りの本質的な基礎を築く。

このコースが修了する頃には、

・本当に必要な筋力を得る

・バランスの取れた体型へ

・マインドの捉え方も変化

・セルフコンディショニングが出来るようになる

・整体やマッサージに頼る必要がなくなる

・自分に自信が持てる

そんな変化を感じていただけるはずです。


<独自メソッド>

「正しい自分の体」を認識する

動画撮影メソッド

ヨガポーズを動画撮影し、その人それぞれが持つ「体の動かし方のクセ」はもちろん、ポーズにおける「正しさ」「危うさ」を正しく認識する。

ヨガスタジオ【esse】の独自メソッドのひとつに、みなさんのアサナを動画で撮影するというものがあります。その撮影画像を丁寧に分析していくことで、「いまの身体の機能具合」を的確に理解することができます。

sirsha3

私自身が自分のヨガの練習を全て動画で撮影して、それらを分析していく中で、普通であればなかなか気づくことの出来ない「正しさ」にも「危うさ」にも気づくことが出来ています。

動画撮影をして、自分を客観視すること。

この視覚による認識で「初めて客観視して知る自分の身体」と出会うことができるようになります。これこそが、正しい身体の使い方へと繋がっていくのです。

レッスン終了後、これらの画像を複数枚、みなさまにお渡しします。「いまの自分」を正しく認識していただき、今後の糧にしていただければと思っています。


<レッスンの流れ>

60分の超集中レッスン

ヨタスタジオ【esse】では、すべての受講生に初回の無料体験レッスンを受けていただきます。

体験レッスンにおいて、スタジオの雰囲気を感じていただきながら

「初回カウンセリング」

を行います。この際に、「今までどんなヨガの経験をされたか」「どんなスタイルのレッスンを望んでいらっしゃるか」「身体の痛み・怪我などの経験」などをお伺いしていきます。

このカウンセリング結果をもとに、1回目〜12回目までの流れを徐々に組んでいきます。

Woman practicing yoga in various poses

体験レッスン:

初回のカウンセリングを中心としたヨガレッスン

通常のレッスン:

哲学アサナ呼吸(瞑想)画像による身体の使い方の振り返り食の話など

1回目:太陽礼拝の基礎固め

 ・前屈の際に「お尻を開く」意味

 ・肘をどうやって曲げるのか

 ・本当に「真っ直ぐ伸びる」とは

などの点に細心の注意を払いながら、真に正しい太陽礼拝を学び、体感していただきます。

2〜12回目:アサナの積み重ね

各レッスン毎に、その人にあったヨガアサナを2〜3個ずつ、積み重ね方式でゆっくり丁寧に学んでいきます。回数を重ねるごとに求めていくものが変わってくるはずなので、柔軟にその変化に合わせたプライベートレッスンを行っていきます。

3.jpg

レッスンは全て60分。お着替えの時間を含めて前後それぞれ15分、つまり90分の枠を確保して、みなさんをお迎えしていますので、レッスン前後の時間に様々な質疑応答も行っていただけます。

凝縮されたヨガレッスンの中で、様々なものをお伝えできればと思っています。

まずはお気軽に、体験レッスンにお越しください。

※体験レッスンの申し込みフォームは、このページの一番下にあります。


<特徴>

完全プライベートの意味

グループレッスンだとどうしても抜け落ちてしまったり、スルーしてしまうポイントも確実に解消し、不明点が残らないレッスンにしていきます。また、「講師側から提供するヨガの流れ」ではなく、一人ひとりにあった流れを創造してお伝えしていきます。そして、独自メソッドである【動画撮影】はプライベートレッスンでなければ実現できない内容です。これこそが現代のヨガレッスンにはなく、そして多くの人に必要なものであると強い気持ちを持っています。コース期間中はレッスン時以外でも、質問があればいつでも連絡を下さい。みなさんの疑問を全て解消していきたいと思っています。

3カ月の短期集中

このコースの中盤〜2カ月目あたりで、ご自身の体の変化に気付かれる方が多くいらっしゃいます。短期集中で体作りの基礎を手に入れられるのは、凝縮した効果的なメソッドだから。本当に意味のあるレッスンで基礎を完全にマスターすれば、その先のステップもより効果的に進んでいくことが出来るようになります。私自身、体重が73kg→62kg、体脂肪率が20%→8%程度へと変化していきました。

1レッスン60分+α

レッスン自体は60分ですが、お着替えの時間も含めて前後それぞれ15分、つまり90分1枠を確保しています。アサナのこと、食のこと、様々な質疑応答もこの時間に行っていただけます。

身体・視覚・思考の全てで認識を深める

これこそが【動画撮影】最大の意味です。講師から言葉で言われて認識できることもあるでしょう。それに加え、実際に自分の姿を目で見て、考えることで自分の身体を感じていくと全く別の感覚を得る事ができます。これが「正しく自分の身体を認識する」ことに繋がっていきます。レッスン後、撮影した動画・画像をチェックし、必要であれば再度身体を動かしてみる事で初めて認識できる「自分」を、ぜひみなさんに感じていただきたいと思います。

シンプルで、意味のある練習の継続

ヨガの練習に特別難しいポーズを入れる必要は、多くの人にとっては必要がないことでしょう。それよりも、基本的なもの・シンプルなものをどこまで深く理解・体感していくか。ここに「正しくヨガを継続する意味」があります。シンプルなものを丁寧に深めた先に、実は難しいと思っていたヨガポーズが目の前に迫ってきていた、という経験は何度もあります。ぜひ気軽に、シンプルなものと向き合っていきましょう。

日常に取り入れるヨガ

スタジオの練習だけでなく、ご自宅でも継続できるコツや方法もお伝えしていきます。起床後、就寝前にオススメのヨガポーズやストレッチ運動、どこでも手軽に出来るポイントも。実は私、男性ですが顔ヨガインストラクターでもあるので、お顔の運動も少しずつお伝えできると思います(^^)

瞑想・呼吸法も伝授

ヨガの練習中、呼吸はどのようにするのか。その際の口の閉じ方や舌の位置は。そんな点にまで意識を向けて、呼吸を繰り返していきます。そして身体を動かした先に、瞑想があります。身体を隅々にまで意識を向け、実際に動かして、最後に目を閉じると、「半分寝ていて半分起きている」ような瞑想状態が訪れます。この状態から明ける瞬間に、斬新で本質的なひらめきが訪れると言われています。だからこそ、名だたる企業の創業者などもヨガや禅を日常に取り入れ、瞑想を行っているのです。身体を使い、心に意識を向け、一度全てを手放した後に訪れる瞑想とひらめき。ぜひ一緒に味わっていきましょう。

お子様連れOK

お子様がいらっしゃる方は、ぜひ一緒にいらしてください! スタジオのスペース自体はとても広いので、子供たちが遊ぶには十分です。遊具もご用意しています。僕も二児の父ですが、親がヨガを楽しんでいると、子供たちも教えずともヨガを遊びとしてとらえ、楽しみ出します。そんな時間があると、きっとご自宅でも一緒にヨガを楽しみながら継続できます。

ご夫婦での参加も、OK

夫婦でともにヨガの時間を共有する。すると、そこから生まれる日々の変化も一緒に共有することができます。私自身、妻にすすめられて一緒にヨガを学び始めたのですが、とてもステキな経験だったと感じております。お互いの体だけでなく、心もケアしあう時間をヨガを通じて感じていただけらた嬉しいです。ご夫婦揃って受講される場合、お二人目割引価格にてご案内しております。詳しくはお問い合わせくださいませ。

お振替可能!

基本的には週1回のレッスンを12週連続で通っていただきますが、「急な仕事が入った」「子どもの体調が・・・」といった場合は、もちろんお振替いただけます。同じ週の他曜日にレッスン枠が空いていればそちらにお振替を、空いていない場合は1週スキップして、みなさんに12回のレッスンを全て受講いただけます。


<メリット>

このコースを修了する頃には・・・

バランスの取れた身体へ

約12週に渡り通っていただくこのコースの中盤あたり〜2ヶ月目が過ぎる頃に、徐々に自分の身体が変化していくことに気づくはずです。不要なエネルギーが体内から排出され、必要な筋肉が育ち、日々の呼吸が深まり、身体だけでなく心にも余裕が出来てくる。そんな成長の時間を、みなさんと共有していきたいと思っています。

自分の身体への理解

ヨガポーズを通しての体感 + 画像での視覚認識 により、現在ご自分がお持ちになっている「自分への理解」が圧倒的に深まるでしょう。主観と客観を融合させた理解だからこそ、この深みを短期間で習得することができます。

体感力

とにもかくにも、全ての点においてみなさんには「体感」していただきます。体感するからこそ、自分の力となっていくのです。自分が経験していない広大な情報よりも、自分が体感したことこそが、キラ星のように人生で輝いていくのだと私自身も信じています。

認識力

これは自分の身体だけでなく、日常生活や仕事においても同様です。自分の身体が変化していくと、今まで意識が及ぶことがなかった部分に意識を巡らせることができるようになります。ビジネスプランを練っている時、家庭での様々な用事を処理している時、きっと今までとは考え方が変わっていくはずです。私自身、「自分で気づいていない箇所に重要な点が潜んでいる」と思えるようになってから、物事の運び方がずいぶんと変化していきました。

本質を見極める目

【動画撮影】しかり、呼吸法しかり。何となくで済まさない、「正しさ」を見つめていく時間の中で、「本当に必要なものは何なのか」を見極める力を養っていきます。


<受講生の声>

『腰の痛みを諦めていたのに・・・』

2人の子供を妊娠・出産した後から、腰の痛みを覚え始めました。育児をしていく中で徐々に痛みが増し、整体やマッサージにも行ったのですが一時的には治るものの・・・。自分の母親もそうだったようなので、腰の痛みは半ば諦めていました。前屈を中心に3回目のレッスンまで受けて、その痛みがほぼなくなって! 体は自分で動かしていかないといけないのだと知りました。こんな短期間で体がよくなるのだったら、もっと早くやっていればよかったです(笑)(40代・女性)

『体験レッスンから驚きの連続でした』

「まずは自分の身体で体感すること」と先生に言われ、様々なポイントの指導を受けています。自分は柔軟性がなく、前屈が非常に苦手なのですが、「曲げる=逆を伸ばす」という認識や、「背骨はまっすぐではない」という事実など、今まで知らなかったことを丁寧に教えてくれるので、身体への理解が深まり、動かし方も体験レッスンだけでも改善を感じることができました。数ヶ月後に自分がどんな身体になっているか楽しみです(30代・男性)

『たとえ怪我があっても』

先生自身が肩・膝・足首など様々な箇所に大きな怪我の経歴があるので、ひとつのポーズでも「危険でない方法」を教えてくれるのが非常に嬉しいです。身体に痛い場所が多いので、グループレッスンのペースについていく事が出来ずにヨガを断念していました。ひとりひとりのペースに合わせて進めてくれるプライベートレッスンで、しかも痛みを避ける方法を的確に教えてもらえるのが嬉しいです。(60代・女性)

『ジムからヨガへ転身』

某有名パーソナルジムに通っていたのですが、より体にも心にも意味深いものを探しているうちにこちらのスタジオの存在を知りました。いくつかヨガスタジオの体験を受けたのですが、某ジムのおよそ半分の値段でありながら、内容豊富なパーソナルヨガを教えてくれるスタジオはここだけでした。器具に頼らず体を鍛えていける点も、自分に合っていると思います。(30代・男性)

『子連れでヨガ!』

プライベートヨガでも、意外とスタジオに通うと「子供NG」な所が多い中、こちらはOKということで伺ってみました。先生自身が2人のお子さんをお持ちなので、子どもにとっては「お兄さん的な存在」で、一緒にヨガをするのが楽しいみたいです。目の届く範囲に子どもがいて、まわりの目を気にせず集中できる環境が嬉しいです。(30代・女性)


<スケジュール&料金>

3カ月集中 プライベートレッスン

平日9001500、週末13001800

ご相談に合わせてスケジュールを決定

160分クラス

受講例)毎週月曜10:00-11:00、毎週日曜14:00-15:00 など。特定の曜日・時間帯に毎週通っていただくスタイルになります。

全12回コース

通常価格¥198,000  →  ¥156,000- (税別)


<キャンペーン>

10月30日までに体験レッスンにお越しの方に限り、

 通常価格¥198,000  →  ¥156,000- (税別)

 入会金¥15,000-  →  ¥0- (税別)

 グループレッスン5回分のチケット プレゼント

※【12回のプライベートレッスン】+【90分グループレッスン×5回】でトータル20時間になるように設定しています。

 当スタジオおすすめヨガ関連書籍 1冊プレゼント

 14日以内 全額返金保障

初回クラスを受講してから14日間に、「全く効果を感じない」と思われた場合、受講料を全額返金いたします。

※1【全額返金】①全額返金制度の申請は、初回レッスン日より14日以内(当該日が営業日でない場合はその翌営業日)、または第2回目のレッスン日のどちらか早い日時までに行うものとします。②全額返金制度の申請は、必ず来店のうえ書面での手続きを行うものとし、電話その他での申請には応じかねます。③この全額返金制度の適用は、本ページでご紹介している「3ヶ月集中プライベートトレーニング」のみです。その他の商品・クラスは全額返金保証の対象外です。④全額返金制度を利用した場合、以降本スクールのサービスを利用することはできません。


<特典>

①ヨガシークエンス動画

講師があなたと一緒に考えた「あなただけのヨガ」の動画をプレゼントします。忙しくてスタジオに来れない時も自宅で手軽に練習出来るようになるはずです。

下の動画は、講師自身が40分のプラクティスを行ったものをそのまま掲載しています。当コースはアサナに充てる時間を約45分に設定しているので、それとほぼ同じ長さのヨガの練習です。コースが修了する頃には、みなさんが自身の力で40分程度の練習が出来るように目指していきます。

ちなみに・・・音楽はスタジオで流しているものをそのまま使用しています。僕はいわゆる瞑想系・ヒーリング系音楽などよりも、ラブソングなどでヨガの練習をするのが好きです(笑)なぜだか心が落ち着くのです。

②毎レッスンでのデジタル画像

ご自身の身体への理解を深めていくため、全てのプライベートレッスンで撮影した画像を3〜5枚程度、デジタルデータにてお渡ししていきます。

③グループレッスンの無料チケット

プライベートレッスンお申込みの方全員に、グループレッスンの回数券チケットを5回分プレゼントいたします。日曜日開催のWSや、不定期開催のグループレッスンクラスにしよういただけます。 →日曜WSはこちらから

※グループレッスンは完全予約制・定員10名の少人数制クラスです。

④特別会員割引

特典②の無料チケットが使い終わった後も、一度ご入会いただいた方には全てのグループレッスン・ワークショップを「特別会員価格」にてご案内いたします。



無料体験レッスン

申し込む!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下記枠の中で60分の体験レッスンを行います。ご希望の時間帯枠を選択下さい。こちらから複数候補をご案内いたします。

※体験レッスンは完全予約制です。レッスン中はスタジオへのご案内ができなくなるため、事前にお申し込みください。 ※ご希望の曜日・時間帯によっては、ご案内が数週間先になる可能性がございます。その場合は、別日程も合わせてご案内させていただきます。

テンポのよいお返事を心がけております。
お申し込みをいただいてから24時間以内にメール連絡などがない場合、大変お手数ですが下記までご連絡いただければ幸いです。
esse@costablue.co.jp
078-570-5774(平日9-18時)
 

担当講師

淵江亮一 (Ryoichi Fuchie)

1984年、東京都に生まれる。早稲田大学人間科学部卒業。

銀座にある日本屈指のワインバー「シノワ」「ビストロ ヌガ」にてソムリエとして勤務。

雑誌編集者であった妻との結婚後、カメラマンに転身。

農林水産省や神戸市などが手がける刊行物、

ぴあ、朝日新聞出版、三菱地所レジデンス(敬称略)など様々な出版社や企業で撮影を重ねる。

スポーツにおいては西武ライオンズや阪神タイガース、ガンバ大阪などの撮影も行い、国内屈指のプロスポーツ選手たちの撮影も数多く行う。

神戸に拠点を移した後、脳動脈瘤が見つかり、手術を受ける。

人生を振り返り、妻のすすめでヨガに出会うこととなる。

現在では、ヨガスタジオ【esse】にて

ソムリエの頃より学び、また2000件を超えるレストラン取材で得た「食の見識」、

トッププロ選手たちの写真を撮る中で学んだ「機能する体の美しさ」、

そしてヨガの恩恵を融合させたメソッドを伝えるべく日々を重ねている。

家庭では家族が大好きな二児の父であり、日々フライパンを握り、台所を預かっている。

パーソナルヨガ、日曜特別ワークショップ、キッズヨガを担当。

全米ヨガアライアンスRYT200修了

Yoga & Art for Kids Teacher Training修了(Karen Wightman

fukue-nagasaki_0178-2

「・・・大切なお話があります。脳に影が見えるのです。」

そんな電話が、とある年のバレンタインデーに病院からかかってきました。

大きな絶望を感じながらも、「生きたい」と強く願い、今までの人生を振り返って、

その脳動脈瘤の発見・手術をきっかけに、妻のすすめでヨガを始めました。

そして、ひとつの確信を得ました。

「きっとこの先に、人生が豊かになっていくヒントがあるはず」

この想いこそが、私が日々ヨガを継続していく大きな源となっていきます。

縁あって国内外の素敵な先生たちにヨガを習い、RYT200(全米ヨガアライアンス)を修了してから、ひたすらセルフプラクティスに没頭していきました。

およそ30針をも縫った脳動脈瘤の手術をした直後からヨガを始めたので、日常生活の中でも日々頭痛や極度の疲労感と真っ向から向き合い、どのように自分の体や心を落ち着けていけるかをヨガを通じて学んでいきました。

ヨガの深く大きな恩恵に、元ソムリエ、そしてカメラマンとしての経験を加えながらのプラクティスの実践により、大きなダメージを受けた自身の体が徐々に活性していく時間を経験して、

「ああ、これこそ僕が見つめていくべき道だ。そしてこの道を悩んでいる人にも伝えたい」

そんな想いを抱き、ヨガスタジオ【esse】を海と山に囲まれた素敵な環境である神戸・元町でスタートする事にしました。

ヨガのポーズが上手に取れる人の中には、元々健康であったり、体づくりが好きな人もいるでしょう。

でも、それだけではありません。

僕自身の経験を通してきたからこそ、分かるのです。

たとえ頭が痛くても、

肩が脱臼しやすくても、

足首や膝の怪我の後遺症を抱えていても、

そもそも身体が硬くても、

ヨガで人生を深めていくことが出来る喜びは、

誰もが感じることの出来ることです。

これらの全てを、僕は患っていました。

それらの全てが、ヨガを通じて改善していくのを日々体感しています。

Anybody can do YOGA.

焦らず、すぐに結果を求めずとも

ゆっくり着実に歩んでゆけば、「何か」はおのずと訪れてくれます。

吸う息で、「本当に大切な何か」に寄り添って。
吐く息で、「本当に大切な何か」に自分を捧げて。

みなさんと一緒に、この瞬間に生きる喜びを感じていけたら幸せです。

パーソナルヨガ、日曜午前のグループレッスン【The FLOW】、キッズヨガを担当。

全米ヨガアライアンスRYT200修了

Yoga & Art for Kids Teacher Training修了(Karen Wightman)

Screen Shot 2018-08-13 at 5.56.31 のコピースクリーンショット 2018-08-22 17.08.38fukue-nagasaki_0185-2-2IMG_5791-2IMG_5781-2-2スクリーンショット 2018-08-24 18.54.41

無料体験レッスン

申し込む!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

下記枠の中で60分の体験レッスンを行います。ご希望の時間帯枠を選択下さい。こちらから複数候補をご案内いたします。

※体験レッスンは完全予約制です。レッスン中はスタジオへのご案内ができなくなるため、事前にお申し込みください。 ※ご希望の曜日・時間帯によっては、ご案内が数週間先になる可能性がございます。その場合は、別日程も合わせてご案内させていただきます。

テンポのよいお返事を心がけております。
お申し込みをいただいてから24時間以内にメール連絡などがない場合、大変お手数ですが下記までご連絡いただければ幸いです。
esse@costablue.co.jp
078-570-5774(平日9-18時)
 

ふちえりょういち

勇気、意思、そして感謝。

勇気、意思、そして感謝。

『勇気が、創造を導く。
意思が、維持を助ける。
感謝が、破壊を包む。』

何事も始めるには、最初の一歩を踏み出す勇気が必要です。
その踏み出した後、歩き続けるのはあなたの強い意思。
そして、そこまで歩みを進められたこと全てに、感謝を捧げる。

この感謝の捧げ先には、もちろん頑張った自分も含まれます。

そんなことを、昨日の自分の練習中に感じていました。

スクリーンショット 2018-10-11 13.57.45-2.jpg

吸う息で、勇気を取り入れる。

吐く息で、感謝を捧げる。

その間で揺らぐ自分を、意思で紡ぐ。

 

Keep breathing.

 

ふちえりょういち

 

下弦の月と、意志と、感謝と。

下弦の月と、意志と、感謝と。

IMG_6745-2

朝起きて、家のまわりを散歩しながら花の写真を撮っていると、

上空が気になり、空を見上げてみた。

レンガ造りの建物の向こう側、美しい半月が宙に浮かび、

時の移ろいと共にゆっくりとその光を弱めながらも、

確かに月はそこに存在していた。

2018年10月2日 下弦の月 小潮

下弦の月のことが気になって、少し調べ物をしていると

「下弦:不必要なものを手放す」

「下弦のアファメーション:Now that I am receiving my intention, I give back from a place of abundance. 」

そんな言葉があった。

英語の直訳だと情緒がなくなってしまう感じがしますが、

 願いや意志を受け取り、豊かさと感謝を宇宙へお返しする

そう訳してみると少し落ち着いた。

なるほど。

ardhachandrachapasana
Ardha Chandra Chapasana 半月の弓のポーズ

確かに。自分の経験の中でも、そんなイメージをこのアサナに抱いている。

意志を内包し、感謝を解放するようなイメージ。

不思議だなー。

あまりスピリチュアル系の本や記事は読まないタイプなのですが、

たまに目にするとどんぴしゃりと自分の経験と重なる部分があることが多い。

やっぱり宇宙と人間は繋がっていますね。

 

それにしても月は美しいですね。

心が洗われた気がします。

 

ではでは、今日もよい1日を!

 

ふちえりょういち

 

満月と、新しいコトと。

満月と、新しいコトと。

昨日の満月は

・今年3月から半年間の総まとめ

・新しいことを始める時期の知らせ

であると、自分のヨガプラクティスの後に妻から聞きました。

妻もたまたま昨日の満月に関する記事を目にしたそうで、

その記事を目にする前、ここ数日はやたらと掃除や片付けをしていました。

昨日なんか、妻がやっている英会話スクールの場所を今後変えるかどうかで、物件探しに行ったり。

昨日から自分のアサナの流れをかなり新しくしてみました。

自分の中から何かが沸き起こっている気がして、大きくその流れを変えてみました。

僕はほぼ毎日、同じ流れの練習をしています。

その流れは、とある時に考えたベースの流れがあって、

そのベースの流れに少しずつその時の自分に合ったものを加えたり引いたりして

バランスを取って作ってきたもの。

そのベースの流れは、今でも礎として僕のヨガプラクティスを支えてくれています。

昨日はその流れに、

新しいアサナをいくつか加え、順番を少し変えて、時間を長くしました。

スクリーンショット 2018-09-25 13.01.25

初めてこのポーズをした時に、右肩(←脱臼癖があります)が外れ、大変だったことを覚えています。

「まだ挑戦するタイミングではない」

そうアサナに言われている気がして、ずーっとずーっとやらずに遠慮してきました。

それが昨日なぜだか(よし、やってみよう)と思い、

肩が脱臼して以来、一度も練習していなかったポーズですが、無事に行うことができました。

もう、めちゃくちゃ嬉しかったです。(同時に課題も見つかりました)

肩の脱臼癖と付き合いながら全てのヨガアサナと向き合っているので

そんな過去のあるアサナに、気持ちを落ち着け、呼吸とともに向き合うことができ、

また新しい扉が開けた気持ちがしました。

他にも、いくつかそんな事を思うアサナがあった昨日。

「シンプルなものをきちんと練習していれば、

難しいと思っていたことが目の前に近づいていた」

という経験が、ヨガのプラクティスを通して得てきた大きな実感です。

これをレッスン受講生のみなさんにはお伝えしているのですが、

昨日はまさにそんな瞬間を得ました。

これって、もちろん自分の努力の継続があってこそなんだけれど、

でも妻からプラクティス後に満月の話を聞いて、

僕がプラクティスで感じた事を妻に話したら、

「月の影響、受けているみたいだね」

と。

月の満ち欠けとか太陽の嵐とか、そういうものに影響を受けづらいタイプだと

自分では思っていました。

でもやっぱり、この地球に生きている動物だから、

みんながみんな、地球とか宇宙とか、

いろいろな影響を受けているのは当たり前だよなーと。

何か新しいことだったり、総まとめ的なものだったりが

昨日起こっていたりしませんか?

 

もしかするとそれは、満月の影響なのかもしれません(^^)

IMG_5583

そんな昨日の、サンセット@須磨海岸。

IMG_6695

そして満月。

想うことがあって、昨晩は号泣しまして(笑)

目がパンパンに腫れている朝の顔を見て、

「やっぱり満ちている時期は腫れもすごいのかなぁ」と思ってみたり。

 

ではでは、今日も引き続き良き時間をお過ごしください!

 

ふちえりょういち

全粒粉醤油ラーメン

【全粒粉醤油ラーメン】

IMG_6644

<麺>

全粒粉パスタを、重曹を入れたお湯で茹でる。

 

<スープ>

前日に鶏ムネ肉を茹でた煮汁を取っておき、

その煮汁に

昆布・かつお節・醤油・ナンプラー(少々)・干ししいたけ・キャベツの芯・白菜の芯

を加え、出汁をしっかりと取り、塩で味を調整。

 

<具材>

この日は茹でタマゴ・野菜炒めを加えて。

 


全粒粉パスタを使うので、全体的にかなりトーンが低い色合いですが(笑)、

スープに残り野菜の芯を使うことで、味に深みが出ますね。

いつもは玉ねぎを使っていたのですが、それをキャベツや白菜の芯にすると

甘みが抑えられ、すっきりした味わいになりました。(←個人的にかなり好きな味に)

 

鶏肉の煮汁を使ったり、残り野菜の芯を使うことで結果的に

一物全体(いちぶつぜんたい)

Whole Food

そんな観点に寄り添っていくことになるし、もちろん美味しい!

 

ので、料理は素材を無駄なく使っていきたいなぁ、と思っています。

 

料理好きなので家では料理担当なのですよ(^^)

 

ではでは、今日も佳き日に!

 

ふちえりょういち

 

肘WS

簡単ヨガ【ardha surya namaskar】

簡単ヨガ【ardha surya namaskar】

スクリーンショット 2018-09-17 8.53.25

半分の太陽礼拝

ardha surya namaskar

アルダ スーリヤ ナマスカー(ラ)


 

僕がお伝えしたいのは、

「体に負担をかけずに、体に成長をもたらす」やり方です。

 

 

動画としては1分ですが、実際の動きは1回あたり40秒程度です。

朝起きて。

ランチ前に。

ちょっとした休憩時に。

 

わずかな時間、わずかなスペースで出来る「半分の太陽礼拝」を、

可能な限りやってみてください。

 

最初は前屈の際に膝が伸びきらないでしょう。

それは僕も同じでした。

 

この「半分の太陽礼拝」を日常に取り入れると、

全てが変わってきます。

これは僕の経験してきたことで、確信しています。

 

知らず知らずのうちに、必ず体が伸び、前屈が深まって、筋力もついてきます。

 

僕は今でも朝起きて、お湯を沸かしている間に3回ほど、

パソコン作業が続いたら休憩して3回ほどやったりしています。

1日の中でトータル10回ほどを行っています。

 

簡単で、日常的に継続しやすいヨガのひとつです。

ぜひぜひ、気軽にやっていきましょう!

 


【解説】

ポイントは【呼吸】と【膝を曲げる】。この2点!

 

①まっすぐ立つ

【吸】手をサイドから回し上げ、空の上で合掌

【吐】吐きながら、まず膝を曲げる → お腹と太ももを近づける → 膝を伸ばせるところまで伸ばして深い前屈

※この時、僕は頭を完全に下げて後ろの壁を見ていますが、レッスンで指導された方は「目線を大地」にしてください。その方が、背骨が真っすぐになりやすいです。

【吸】吸いながら、まず膝を曲げる → 頭を上げながら手を太ももにつく → 膝を伸ばし、肘を伸ばしながら胸を前に → 半分の前屈

※ポーズとしては「半分の前屈」ですが、体を地面と水平の位置でストップすると腰に負担がかかるので、動画のように頭を70度くらいまでアップする。そうすると、②の深い前屈で頭方向へ巡った血が再度下半身へ戻り、体内循環がより良くなっていきます。

⑤【吐】吐きながら、まず膝を曲げる → お腹と太ももを近づける → 膝を伸ばせるところまで伸ばして深い前屈

※②と一緒。まず膝を曲げることで、腰への負担を最小限にしていきます。

【吸】吸いながら、まず膝を曲げる → ゆっくり体を起こしながら → 手をサイドから上げて空の上で合掌

⑦【吐】吐きながら、手を体側に戻して真っすぐ立つ。


 

膝を伸ばしたまま体軸から頭を離していく際に、どうしても腰に負担がかかっていきます。

特に頭の位置を上下させる時に膝を曲げると、頭の位置が体軸へ近くなるので、腰への負担が最小限になります。

ぜひ膝を曲げながらやってみてくださいね!

 

ではでは、またレッスンでお会いしましょう!

 

りょういち

動画ブログ【40min Asana Practice】

動画ブログ【40min Asana Practice】

いかがお過ごしですか?

さて、今日は

僕の40分のアサナ動画をつくったので、掲載します。

きっかり40分の動画なので、お時間がある時に(笑)

または早送りしながら(笑)

スタジオの雰囲気をそのままに、僕が練習している時にかけている音楽などもそのままです。

 

 

個人的には、ヒーリング・瞑想系の音楽などではなく、

ラブソングや、低いビートの音楽が好きだったりします。

 

レッスン中はあまり歌詞のない音楽をかけて集中してもらえるように、

自分の練習では好きなプレイリストを流しています。

 

ラブソング、なんだか落ち着くんですよねー(笑)

 

ではでは、今日もよい1日に!

 

ふちえりょういち

【正しい食の基礎】を作る順番

【正しい食の基礎】を作る順番

いかがお過ごしですか。

さて、今日のタイトル。

ほとんどの人が、

「何を食べるか」が体にとって重要だ

と思っています。

消費を促すメディア戦略により、健康食品はどんどんと名前を変え、形態を変えて増え続け、特定保健用食品・栄養機能食品・機能性表示食品などさまざまなものが世の中に存在するようになりました。

僕が常々お伝えしているのは

食べるのは情報ではない

ということ。

自分で口にして、自分の体が歓喜している状態を作ることが出来るのは、本物の食だけです。

その「本物の食」というのを見つけるのが、なかなか難しい世の中になってきていますね。

201503kagawa-arakawa_0517-2.JPG

では、本題です。

「何を食べるか」が体にとって重要だ

これは全く間違っていません。

しかし、プライオリティは第1位ではないと僕自身は感じています。

ヨガの実践でも、

ヤマ→ニヤマ→アサナ→・・・という順番があります。

ヤマは道徳律。やってはいけないことをやらない、というもの。非暴力だったり、不盗だったり。

ニヤマは自己浄化。やったほうがいいことをやる、とうもの。浄化、聖典の学習、神への献身など。

その後にアサナ(ポーズ)があります。

ヨガは、【ヤマ】【ニヤマ】が出来ていないとポーズの練習に進んではいけない、と言われているほど。

それほどに、やってはいけないこと、やったほうがいいこと、は大事だということですね。

IMG_2516.JPG

さて、この「やって」の部分を「食べて」に置き換えてみてください。

食のヤマ。「食べてはいけないもの」

食のニヤマ。「食べたほうがいいもの」

そうなのです。

まずはじめに、「食べてはいけないもの」を認識し、実践する方が

体作りに適していると自分の経験を経て感じていますし、みなさんにはそうお伝えしています。

じゃあ食べてはいけないものって何!?

となるのですが、これはその人その人によって異なる可能性があります。

だから「自己探求」が必要なのですが、

多くの場合でそれらを実践している人は、同じような傾向になる可能性が高い気もしています。

僕が自分の体と対話して、自分で判断してきた「食のヤマ=食べないもの」

ざっくりと下記しますね。

これらを絶対に食べちゃダメですよー!というものではなく、

僕が一時期、大きく体調を崩したことをきっかけに「食べてみて調子がよいかどうか」で判断してきたもの達です。

・砂糖

・化学調味料

・合成着色料

・発色剤

・醸造アルコール

・白米

・牛肉、豚肉

etc

あれ、意外と箇条書きにすると少なかった(笑)

でも、これら、特に上の5つを体に入れないと決めると

買い物にいってもかなりのものを選択しないことになります。

これらを摂取しないで、どんな風に体が変わったかは

また後日書きますね。

【今日のまとめ】

・まずは「何を食べないか」を考える

・その後、徐々に体が浄化されてくる

・そのタイミングで「食べるべきもの」を把握する

こんなところでしょうか。

でもいきなり「アレもコレもソレも、ぜーんぶ食べないぞー!!!」とするのは

かなり大変なはずなので、

ちょっとずつ減らしてみてくださいね。

あと、食事を3回から2回(もしくは1回)とするのも

「食のヤマ=食べないもの」の実践

だと感じています。

こっちの方が簡単なのかな。

体が軽くなり、思考は聡明に、判断力がつき、やりたいことに没頭する時間は増え・・・と

まだまだ良点はありますが、

「野性的感覚が冴える」

のが一番だと思います。

AdobeStock_156323627.jpeg

時間通りに食べることからの解放というか、

6時に食べて、12時に食べて、18時に食べて、ではなくて

本来は「お腹が空く」から「食べる」のです。

「食べる」方に意識を向けるのではなく、

本当に「お腹が空いている」のかを見つめると、だいぶ生活が変わってくるはずです。

ではでは、今日はこのまで。

良き日にしましょう!!!

ふちえりょういち

努力が努力でなくなるとき

努力が努力でなくなるとき

いかがお過ごしですか?

 

今日は5時に起床。

平日でも週末でも就寝・起床時間は変わらず、ほとんど同じペースで過ごしています。

自分の中で午前中の早い時間、特に朝の使い方が1日の鍵となっています。

朝、しっかりと本を読んだり、パソコン作業を7時までに終わらせて、

頃合いを見ながら少しずつ身体を動かしていくと

自分の練習をする頃には良い状態を作ることが出来ている気がします。

そしてレッスンの準備をして、みなさんをお迎えする。

最近はそんな午前中の使い方になってきていますね。

スクリーンショット 2018-09-07 14.20.17

アサナの完成は、完成を目指すための努力が努力でなくなったとき成し遂げられ、そしてあなたの内なる無限の存在に到達するのである。

ヨガスートラ11章47

 

ここ1ヶ月くらい、ほとんど変わらず、同じアサナのシークエンスを日々練習してきました。

太陽礼拝A×5回、B×5回、立位のポーズ、アームバランス、座位のポーズ、後屈系、逆転系、リラックス。

痛みがある時や、どうしても時間が取れない時などは部分的に省略して、60分〜90分の練習を中心としています。

自分ではこの流れにとても満足していて、「満足していていいのかな?」というスポーツマン的根性というか、満足することに心配になったりもしていた。

というもの、自分がやっていることに満足するということを経験したのが初めてだったのです。

スポーツでも、仕事でも、常に上を目指し、効率化を図り、やってやってやって・・・の繰り返し。

満足する=そこで止まる

という思想すらあったので、自分がそんな気持ちになるとは思ってもいませんでした。

すごいぞ、ヨガ。

そして今朝、起きてすぐにヨガスートラ(これはレッスンでもお伝えしていますが、とても有意義なヨガ哲学書です。みなさん、ぜひ!)をパラパラと開いていると、上記の言葉と再び出会った。

どのページか忘れましたが、「アサナの練習中、呼吸が浅い時、あなたは呼吸になっていて、足首が痛いとき、あなたは足首になっている」という表現がされている箇所があります。

そんな状態を乗り越えた先に安定がある

そう解釈しているのですが、11章47節も同じ意味合いがあると感じています。

 

ちょうど昨日から思うところがあって「また新しいアサナ」を練習に加えてみたら

努力することの楽しさ

をまた感じはじめたのです。

 

昨日までは、努力を努力と思っていなかった部分が強い。

昨日からは、努力がまた楽しくなっちゃった。

 

そんな繰り返しの中で、きっと人生は進んでいくのですね。

行ったり来たり。

でもそれでいいのだと思っています。

心の中で哲学書通りのことを思い描いていても、だいたいがそういう状態にはなっていなく、情報に支配されている自分になってしまいます。

だからこそ、身体で感じていくことが大事だと。

この努力が、努力だと思わない日が来るかもしれない。

そんな未来が、ちょっとだけ楽しみになった今朝です。

fukue-nagasaki_0307

我が家には白米がなく、玄米や押麦、キヌアなどを主食としています。

だからリゾットを作る時も、玄米で。

この写真は夏休みにキャンプしている際に作った玄米シーフードリゾット。

昨晩も家で玄米リゾットを作ったのですが、

玄米の種類によって火の通りがかなり違う

という事実に気づきました。

関西のお米って、粒が小さいものが多い気がしているのですが、

粒の大きさと火の通りやすさは比例しないですね。

 

料理は「食材、そして火との対話」みたいな部分があるので、

レシピ本には載っていないこういう事を知れた時は、そんなコミュニケーションがうまくいった時なのだろうなぁ、なんて感じています。

 

三宮・元町は今日も雨。

しっとりとした土曜日です。

 

それでは今日も、ハッピーに!

 

ふちえりょういち