BLOG

RYT200 オンラインレッスン動画 1回目

RYT200 オンラインレッスン動画 1回目

 

 

ヨガスタジオesse の淵江です。

昨日お伝えしましたように、RYT200に関する動画レッスンをスタートします! 

いや〜、緊張しています(笑)

カメラ1台を前に、自分がこんなにも緊張するなんて思ってもいなかった。メディアに出て仕事をされている方たちは本当にすごいですね。

緊張のあまり、漢字が書けなかったりスペルミスがあったりしていますが、ご了承ください(笑)

 

 

さて、今回は4つのビデオをシェアしたいと思います。

特に最後の「太陽礼拝」の動画は、ぜひ今日から自宅で継続していってください。

コロナウイルスの件で、自宅で時間を持て余していたり、体を動かさなくて調子が整わない人も多いのでは、と想像しています。これは僕の気まぐれになりますが、RYT200受講生以外にもビデオをシェアすることがあります。今回はその1例です。

さて、受講生の皆さんには「課題」があります。当面の間、水曜コース/日曜コースに関わらず、オンラインでスタートしていく可能性が高いので、すでに始まっている水曜コース受講生だけでなく、日曜コース受講生も今回から参加していってください。

 

「課題」はビデオ内で発表していますので、よくビデオを見て、宿題を提出してください。

 

【課題提出方法】

いつもやり取りをしている esse*costablue.co.jp

*を@に変えて、メールを送ってください。

メールの題名を「RYT200 課題」としてください、必ず。

あとで検索するときに、これがないと僕が非常に困ってしまうので、よろしくお願いします。

 

*今回の動画のみ、RYT200受講生だけでなく一般の方からも質問を受け付けたいと思います。何かヨガに関して質問がある方は、メール題名を「RYT200 一般質問」として、上記メールアドレスまでお送りください!  *こちらは2020年3月21日(日)までにいただいた質問までにお答えします。

【回答について】

ひとりひとりにメールを返信するのではなく、次回の動画内でその回答をします。その方がみなさん、ちゃんと動画を見てくれると思うので。今後も、そのようにしていきます。こうすることで、本来はスタジオ内で疑問や悩みを受講生間でシェアできる要素もカバーできると思っています。

*このブログやSNSでいただいた質問には答えられません。必ずメールで提出してください。

【期限】

期限は特に設けませんが、可能な限り早めにください! 僕も次の動画をどんどん準備していきます。質問や課題が届いた時点で、回答を行いますので、早めにご連絡ください。

 

 

【ヨガ概要】前半

RYT200 【ヨガ概要】前半 from esse on Vimeo.

【ヨガ概要】後半

RYT200【ヨガ概要】後半 from esse on Vimeo.

【動くヨガの歴史など】

RYT200 動くヨガの歴史など from esse on Vimeo.

【直立姿勢の作り方/太陽礼拝 基礎】

RYT200 直立姿勢の作り方/太陽礼拝 基礎 from esse on Vimeo.

 

 

 

それでは、みなさんからの課題/質問を楽しみにしています!

keep breathing !!!

 

 

ヨガスタジオesse代表 淵江亮一

RYT200クラスをオンラインにてスタートします!

RYT200クラスをオンラインにてスタートします!

【RYT200受講生のみなさまへ】

いかがお過ごしですか? ヨガスタジオesse の淵江です。

RYT200資格について、昨日午前5時に統括団体である全米ヨガアライアンス協会よりメールが届きました。

7aab37f9-9a20-46e5-bc02-dce8178f59f6

あまり見る機会もないと思うので、メールの原文をこの投稿の一番下に貼り付けておきます。英語ですが、ご興味がある方は読んでみてください!

太字にした部分(黒/赤)が一番大切な箇所です。簡単に訳すと

・世界の危機なので、対面レッスンは避けるように。

・RYT200について、当面の間オンラインでの提供を認める(通常RYT200は対面レッスンのみで認められているものです。)

 

ということです。

世界状況を考慮して、妥当な判断だと僕は思っています。

世界中が感染拡大を阻止しようと努力する中、ヨガスタジオで集まっていたら一体何のためのヨガなのか分からなくなってしまいますからね。

____________

さて、ではオンラインでレッスンするということが、どういうことになるか。

選択肢として、まずは2つ挙げられます。

(1)ライブ動画を配信する

みなさんがzoom(複数人が動画でネット会議ができるアプリ)をダウンロードいただき、それを通じて動画を配信する。相互方法のやり取りが可能なので、質問もその場で受け付けられるし、これが現段階ではベストだと思っています。

 

(2)録画動画を配信する

アプリをダウンロードできる環境にない方もいらっしゃるかと思います。またこのバタバタの中でスケジュールを確保するのが難しい方もいらっしゃると思います(僕も子供達を毎日連れながら仕事をしているので、そんな1人です)。録画した動画を、vimeoにアップします。それをご覧いただき、練習して、質問をメールで受け付ける形もいいと思っています。

スクリーンショット 2019-09-27 16.08.45

 

現実的には、まずは(2)録画動画を配信する からスタートしたいと思います。

そして皆さんがzoomを使用する環境と、スケジュール確保ができる状態の双方が揃い次第、

(1)ライブ動画を配信する が出来たらいいな、と思っています。

 

さて、私もこの動画を用意する時間が必要です。

少しお時間をいただきますが、みなさんからの質疑にお答えするシステム作りも含めて

「ヨガを学んでいただく」上で必要なものをしっかり用意したいと思っていますので、

引き続きよろしくお願いいたします。

*もちろん、対面レッスンが出来る状況になったら、これまで以上のサポートをしていきます!

 

____________________________________

【ヨガスタジオ運営者、レッスン提供者のみなさんへ】

英文ですし、きっとヨガアライアンスからのメールを見ていない方も多いのでは、と想像しています。

みなさんのスタジオがヨガアライアンスと関係があるかどうかではなく、

ご存知の通り、コロナウイルスによる世界の状況は深刻なものです。

・日本はマスク文化があるから大丈夫

・若者は体力があるから感染しても平気

・レッスン再開を希望する受講生が多い

などの理由で個人規模/大手関わらずスタジオ運営されている方もいらっしゃいますが、

僕はいちヨガ講師として疑問に思います。

僕たち現場サイドがその判断をすることで、若者以外の方達に影響を与えてしまうことは皆無ですか? 未だにこれは影響が未知のウイルスで、例えば一度治った方が再度感染したり、脳炎を起こす方もいたりと実態が把握されていないウイルスです。もちろん世界中の企業/大学などが対面を避けています。

講師自身が、スタジオ内のマットを敷いた練習にとらわれないでください。きっとそんなこと、いつもレッスンでお伝えしているのだと思いますが、ここが私たちの本質を考える時だと思います。

1800年代までのヨガは哲学中心、座位中心だったとされていますね。

1900年頃から「動くヨガ」ができて、みんなが体を鍛えはじめた。

時代によって「ヨガ」も形を変え続けています。

いま必要なことを、いまアクションする。

それだけが、変わっていないこと。

2020年、どうしますか?

この状況に必要なことを、もう一度、考えてみませんか。

個人事業としてヨガスタジオを運営されている方もいらっしゃると思います。

日本政策金融公庫より新型コロナウイルス関連の貸付金について詳細が発表されました。必要であれば、下記のHPをご確認ください。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html

 

マットの上でのヨガから、マットの外でのヨガを。

僕も小さいスタジオですが、ヨガビジネスを含めた会社経営をしています。何かお手伝いできることがあるかもしれません。(本気で気持ちを伝えてくださる方には、きっと何かのサポートが出来るはずです)

何か困っていることがある方は、ご連絡ください。

みんなで助け合いながら、この状況を乗り切っていきましょう!

 

株式会社COSTA BLUE inc.  COO / ヨガスタジオesse 代表

http://www.costablue.co.jp

淵江亮一

 

____________________________________

↓ 英文メールの原文 ↓

2020年3月16日 am 5:55

スクリーンショット 2020-03-17 7.31.18
Dear Member,

Thank you for the service and respite you are offering to your communities during this uncertain time.

As promised, we have been intensely monitoring CDC and WHO updates for the most current information and recommendations as to how to respond to the coronavirus pandemic. As leaders in the wellness space, we are trusted with the health and wellbeing of our practitioners and are committed to adopting the practices that offer the best protection for our communities. Due to the increasingly rapid transmission of COVID-19, the world is experiencing an unprecedented collective response. In light of the current circumstances, we are aligning with other global institutions and organizations to do our part to limit the spread of this disease.

We are strongly recommending for communities where social distancing has become required, recommended, or the community norm, that all in-person yoga instruction be canceled until the need for social distancing has passed, at which time we can evaluate our recommendation, including the safety of resuming regular or modified practice schedules.

We have already made an exception to allow all RYS in-person trainings to be conducted virtually during this time, and are strongly recommending that members in these locations take this action as well. For information about social distancing requirements, recommendations, and norms, please consult the CDC, the WHO, and your local public health and other related authorities (such as school systems).

We know this is likely to cause extreme hardship for yoga schools, studios, and contractors. We don’t make this recommendation lightly, but do so in the interest of preserving public health, which we can only do together.
We encourage you to consider alternatives to offering in-person yoga instruction such as:

• Offering classes online
• Continuing your yoga education and training through online resources
• Focus on building your next sequence, class, program, or project
• Acting in service of others – particularly more at-risk populations like the elderly or immune-compromised

We are committed to supporting you through this challenging time:

• We have already collated some resources to support members moving their teaching online on our COVID-19 resource page. We will continue to build out these, as well as other support resources for online and other forms of community engagement, in the days ahead.
• In response to the COVID-19 pandemic, we are exploring opportunities to address the most pressing needs of the yoga community.
• Members of the board of directors for Yoga Alliance and the Yoga Alliance Foundation will hold an online sangha on Tuesday, March 17. Details will follow in a separate communication.

To be clear, we are fully supportive—now more than ever—of you and of the service you offer to your communities. We believe that this action is consistent with the kind of community leadership and care so common among our members, and with the lessons of Ahimsa, Asteya, and Satya. We are already seeing the life-saving impact of taking these distancing measures seriously, globally, and are grateful to be acting in solidarity with our respected peer institutions, like those at Yoga International, as well as community leaders in other spaces, who have already put these protective measures into action. Together, we can flatten the curve, protect our communities, and preserve our opportunity to offer the practice of yoga and return to our local sanghas, safely, for years to come.

If you have questions, need support, or have additional ideas for resources our community can leverage to adapt, survive, and thrive over the coming weeks, please contact us at info@yogaalliance.org. If you would like more information about how we arrived at this decision, please click here for a more comprehensive statement.

We’ll stay in touch to keep you updated, and will be holding space for you and your communities in the days ahead.

【3月15日(日)〜21日(土) 休講のお知らせ】

【3月15日(日)〜21日(土) 休講のお知らせ】
ヨガスタジオesse の淵江です。
本日3月14日(土)18時から始まった安倍総理の会見を拝見し、
次の1週間も休講とさせていただくことを決めました。
____________________
このどうしようもない不利益に関わることの中で
僕ができることは全力でサポートします。
過ぎてしまった時間は変えられないから、
でもその分、指導の内容を濃くし、より成長してもらえるように。
また予定していた目標から、現時点で離れてしまっているボジションを
なるべく理想に繋げられるように。
こういう時期に、ヨガと携われていることに
今までで一番強い感謝を感じています。
大丈夫です、絶対乗り越えられる。
でもそれには科学的にも、精神的にも正しいアプローチが必要です。
どうか、傾き過ぎた情報や気持ちにとらわれないでください。
____________________
いま、もしかすると多くの方が精神的に疲れているかと思います。
さぁここで、「疲れた」で終わらない。
なぜ疲れたのか? を考えてみる。
きっと、自分の範疇を超え過ぎているからですね。
この疲労を克服するために必要なのは、
・もっと情報を仕入れる
・もっと自分を見つめる
というバランスが必要です。
どうか、それぞれがいいバランスを見つけていきましょう。
みなさんにこういうことは普段お伝えしないですが、
僕も事業経営者として
銀行へ行ったり、経済産業省や金融公庫へ連絡を取ったりしています。
つまり「お金は大事」だから、そのために行動をもちろんしています。
でも、その「大事なお金」のためにいまスタジオはオープンできない。
見えないリスクが高すぎる。
なるべく、そのリスクを遅らせたい。
小さいスタジオですが、営業を始めてしまえば、
そのリスクを遅らせることに反する。
これが僕の見解です。
お金のことなんて、ほとんどの場合で乗り越えられます。
両親はそれなりに大きな規模でドラッグストアを営んでいたのですが
僕が大学生の頃に自己破産しました。
自宅は競売にかけられたし、当分の間は世間でいう「信用」はゼロだった。
それでも、みんな今でも生きています。
人生に、いま何を想うのか。
僕の目は、
「今を正しく判断すること」
「ハードルが高くなった分、未来を創る力を蓄える」
にフォーカスしています。
わかる。しんどいですよ。
だってこんなこと、今までなかったんですから。
でもだからこそ、いつの時も「ピンチはチャンス」です。
みんなで、助け合っていきましょう!
もし困っている状況の方は、教えてください。
何かできることが、シェアできることがあるかもしれません。
そして一番大切なこと。
自分の健康。
ヨガでなくてもいいです。
お風呂に入って体温を温めて、
腕立て伏せや腹筋、スクワットをして筋肉に刺激を与えて。
できることを、できる限りしていきましょう!
早く、みなさんにお会いしたいですよ。
ヨガをお伝えするのは、僕にとって生きていく中でも
最も輝いている時間のひとつです。
でも、今じゃないかな。
そして、きっとすぐにそれはまた来る。
いつも、僕は未来を楽しみにしています。
そして、今を最大限に努力することも、忘れてはいけないと思っています。
どうかそれぞれが、最善の判断を。
きっとこれこそが、ヨガから学ぶべきことだと思うのです。
Keep breathing & Stay healthy !!!

ヨガスタジオesse
淵江亮一
スクリーンショット 2018-11-17 7.05.05

2020年3月7日(土)〜3月14日(土)休講について

2020年3月7日(土)〜3月14日(土)休講について

ヨガを愛する、受講生の皆様へ

 

おはようございます。ヨガスタジオesse の淵江です。

 

ご存知の通り、今週1週間全てのレッスンを休講とさせていただく措置を取りましたが、

なかなか状況が好転していないようです。

 

【日本国内の感染状況】

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/

スクリーンショット 2020-03-07 7.25.59

 

 

こちらの画像の通り

1日毎の感染者が増えている現状を考慮し、

2020年3月7日(土)〜3月14日(土)

の期間において、プライベートレッスン・RYT200・100時間TTの全てを

延期とさせていただきたいと思います。

(ギリギリまで悩んでいたため、

日曜開催の100時間TTメンバーは直前の連絡となり申し訳ありません)

 

・ ・ ・ ・ ・

よく「ブレない軸」の話をさせてもらっていると思います。

「軸なんかブレるから、そんな状態を目指す必要はない」と。

 

いま、世界中がとてもチャレンジングな状況に立たされています。

軸なんか、ブレまくりですよ。

政府の対応も、僕だって、ブレまくっています。

 

でもブレたっていいと、少なくとも僕はそう思っています。

ブレるからこそ、視点が広がることだってある。

その広がりを、未来に活かせばいい。

この時間がある機会に、自分の人生について、世界についてぜひ考えてみてください。

 

お仕事が大変な状況になっている方もいらっしゃると思います。

僕にお手伝い出来る事があるなら、ぜひ相談ください。

みんなで助け合えば何とかなることもあるはずです。

 

ジムのトレーニングと異なり、

ヨガは小さなスペースで、たとえヨガマットがなくても行うことができます。

 

ぜひ、日々の継続の大切さを思い出してください。

下記に、以前にアップしたことのある僕自身のフローの動画を貼り付けておきます。

練習の参考になれば幸いです。

 

こんな時だからこそ、免疫力向上にフォーカスしてみましょう!

 

・ヘッドアップ&ダウンの回数を多めに(→これがきっと一番大切です)

・ねじりのポーズを要所要所で行う(内臓機能の活性)

この2点を意識するだけで、効果は全く違ってきます。

ぜひ!

 

 

 

 

 

___________________________

僕も多くの方と、主にスケジュールの変更に関するやり取りが多い期間を過ごしています。

 

自身が感じていることは、

「本当の優しさとは、他人に対する想像力に比例する」

ということです。

自分が健康だから、自分は何をやっても大丈夫。

それも一理あるかもしれません。

でも、ちょっとだけ想像してほしいのです。

いま隣を歩いている人、またはその人の家族が、基礎疾患を持っている方かもしれない。

これは、コロナウイルスに限りません。

いま、とても急いでいる人(たとえその人が車でスピード違反をしていても)は

家族の急病のために病院へ駆けつけようとしているのかもしれない。

いま、自分が理解できないような行動を取っている人は

誰にも言えない秘密を抱えたまま、頑張っているのかもしれない。

いま、余裕そうに見える人は

そう見せることでしか気持ちを保てない状況に立たされているのかもしれない。

見えている(つもりの)情報だけで、どうか判断しないでください。

あと少しだけ引いて、可能な限り広い視野で客観視しようとトライしてみてください。

これを僕は、ヨガから学ばせてもらっています。

神様や仙人のような視野は僕だって出来る気もしませんが、

それでも世界を広く感じ、自分も広くある努力をしていきましょう!

あと少し。きっとあと少しで、正しい行動を継続していけば事態は好転していくはずです。

僕はそう信じています。

医療従事をされている方、多くの方と接するお仕事をされている方も

受講生の中に多くいらっしゃいます。

どうかどうか、ご自身の体調にも十分に注意してお過ごしください。

早くみなさんにお会いできる日を、心から楽しみにしています!

2020年3月7日(土)

ヨガスタジオesse 代表  淵江亮一

スクリーンショット 2019-11-15 14.13.29

 

 

コロナウイルス関連につき、レッスン休講のご連絡

コロナウイルス関連につき、レッスン休講のご連絡

コロナウイルス関連につき、レッスン休講のご連絡

 
  
受講生のみなさまへ
 
  
平素よりお世話になっております。
ヨガスタジオesseの淵江です。
 
  
みなさんもご存知の通り、
政府要請により公立学校の最低2週間休校などが決定しております。
また大勢が集まる大手エンターテインメント施設(TDL、UFJ、キッザニアなど)も
まずは2週間程度を目処に一時休園などを発表されています。
 
  
お仕事をされているみなさんはもちろん、
また家庭でお子さんや、介護を必要とされる方などがいらっしゃる方も
とても不安な気持ちで過ごされていらっしゃると思います。
 
  
私の子供たちの学校も4月までの休校が決まり、
一時保育をお願いできるところもなく、対応を考えているところです。
 
  
今週からRYT200講座も始まる予定でしたが、
まずは 3月2日(月)〜3月7日(土)の全てのレッスンを全てお休みとさせていただきます。
*プライベートレッスン、RYT200 の双方が対象となります。
 
  
ヨガはご存知の通り、
講師ー受講生が非常に近い距離の中で呼吸とともにレッスンを行うため、
お互いの安全確保を最大の目的とし、
またそこから派生するであろう可能性を断ちたいというのが理由です。
 
  
今後、世界の状況がどう変わるかで当スタジオの対応も随時変えていく予定です。
1週間単位で、状況を判断できればと思っています。
 
  
ヨガは自宅でもできるので、ぜひ継続してください!
今回の状況で一番大切なのは、自分の力で免疫力を向上させておくことですね。
 
  
引続き、どうぞよろしくお願いいたします。
 
  
淵江

my practice 201910

今日はおよそ90分の動画が撮れたのでアップします。

現在の僕の練習内容がこちら。

日によって少し変わりますが、

だいたい日々、これらのアサナと向き合っています。

何か参考になることがあれば幸いです!

 

 

ふちえ