BLOG

【3月15日(日)〜21日(土) 休講のお知らせ】

【3月15日(日)〜21日(土) 休講のお知らせ】
ヨガスタジオesse の淵江です。
本日3月14日(土)18時から始まった安倍総理の会見を拝見し、
次の1週間も休講とさせていただくことを決めました。
____________________
このどうしようもない不利益に関わることの中で
僕ができることは全力でサポートします。
過ぎてしまった時間は変えられないから、
でもその分、指導の内容を濃くし、より成長してもらえるように。
また予定していた目標から、現時点で離れてしまっているボジションを
なるべく理想に繋げられるように。
こういう時期に、ヨガと携われていることに
今までで一番強い感謝を感じています。
大丈夫です、絶対乗り越えられる。
でもそれには科学的にも、精神的にも正しいアプローチが必要です。
どうか、傾き過ぎた情報や気持ちにとらわれないでください。
____________________
いま、もしかすると多くの方が精神的に疲れているかと思います。
さぁここで、「疲れた」で終わらない。
なぜ疲れたのか? を考えてみる。
きっと、自分の範疇を超え過ぎているからですね。
この疲労を克服するために必要なのは、
・もっと情報を仕入れる
・もっと自分を見つめる
というバランスが必要です。
どうか、それぞれがいいバランスを見つけていきましょう。
みなさんにこういうことは普段お伝えしないですが、
僕も事業経営者として
銀行へ行ったり、経済産業省や金融公庫へ連絡を取ったりしています。
つまり「お金は大事」だから、そのために行動をもちろんしています。
でも、その「大事なお金」のためにいまスタジオはオープンできない。
見えないリスクが高すぎる。
なるべく、そのリスクを遅らせたい。
小さいスタジオですが、営業を始めてしまえば、
そのリスクを遅らせることに反する。
これが僕の見解です。
お金のことなんて、ほとんどの場合で乗り越えられます。
両親はそれなりに大きな規模でドラッグストアを営んでいたのですが
僕が大学生の頃に自己破産しました。
自宅は競売にかけられたし、当分の間は世間でいう「信用」はゼロだった。
それでも、みんな今でも生きています。
人生に、いま何を想うのか。
僕の目は、
「今を正しく判断すること」
「ハードルが高くなった分、未来を創る力を蓄える」
にフォーカスしています。
わかる。しんどいですよ。
だってこんなこと、今までなかったんですから。
でもだからこそ、いつの時も「ピンチはチャンス」です。
みんなで、助け合っていきましょう!
もし困っている状況の方は、教えてください。
何かできることが、シェアできることがあるかもしれません。
そして一番大切なこと。
自分の健康。
ヨガでなくてもいいです。
お風呂に入って体温を温めて、
腕立て伏せや腹筋、スクワットをして筋肉に刺激を与えて。
できることを、できる限りしていきましょう!
早く、みなさんにお会いしたいですよ。
ヨガをお伝えするのは、僕にとって生きていく中でも
最も輝いている時間のひとつです。
でも、今じゃないかな。
そして、きっとすぐにそれはまた来る。
いつも、僕は未来を楽しみにしています。
そして、今を最大限に努力することも、忘れてはいけないと思っています。
どうかそれぞれが、最善の判断を。
きっとこれこそが、ヨガから学ぶべきことだと思うのです。
Keep breathing & Stay healthy !!!

ヨガスタジオesse
淵江亮一
スクリーンショット 2018-11-17 7.05.05

2020年3月7日(土)〜3月14日(土)休講について

2020年3月7日(土)〜3月14日(土)休講について

ヨガを愛する、受講生の皆様へ

おはようございます。ヨガスタジオesse の淵江です。

ご存知の通り、今週1週間全てのレッスンを休講とさせていただく措置を取りましたが、

なかなか状況が好転していないようです。

【日本国内の感染状況】

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/

スクリーンショット 2020-03-07 7.25.59

こちらの画像の通り

1日毎の感染者が増えている現状を考慮し、

2020年3月7日(土)〜3月14日(土)

の期間において、全てのレッスンを

延期とさせていただきたいと思います。

(ギリギリまで悩んでいたため、

日曜開催の100時間TTメンバーは直前の連絡となり申し訳ありません)

・ ・ ・ ・ ・

よく「ブレない軸」の話をさせてもらっていると思います。

「軸なんかブレるから、そんな状態を目指す必要はない」と。

いま、世界中がとてもチャレンジングな状況に立たされています。

軸なんか、ブレまくりですよ。

政府の対応も、僕だって、ブレまくっています。

でもブレたっていいと、少なくとも僕はそう思っています。

ブレるからこそ、視点が広がることだってある。

その広がりを、未来に活かせばいい。

この時間がある機会に、自分の人生について、世界についてぜひ考えてみてください。

お仕事が大変な状況になっている方もいらっしゃると思います。

僕にお手伝い出来る事があるなら、ぜひ相談ください。

みんなで助け合えば何とかなることもあるはずです。

ジムのトレーニングと異なり、

ヨガは小さなスペースで、たとえヨガマットがなくても行うことができます。

ぜひ、日々の継続の大切さを思い出してください。

下記に、以前にアップしたことのある僕自身のフローの動画を貼り付けておきます。

練習の参考になれば幸いです。

こんな時だからこそ、免疫力向上にフォーカスしてみましょう!

・ヘッドアップ&ダウンの回数を多めに(→これがきっと一番大切です)

・ねじりのポーズを要所要所で行う(内臓機能の活性)

この2点を意識するだけで、効果は全く違ってきます。

ぜひ!

___________________________

僕も多くの方と、主にスケジュールの変更に関するやり取りが多い期間を過ごしています。

自身が感じていることは、

「本当の優しさとは、他人に対する想像力に比例する」

ということです。

自分が健康だから、自分は何をやっても大丈夫。

それも一理あるかもしれません。

でも、ちょっとだけ想像してほしいのです。

いま隣を歩いている人、またはその人の家族が、基礎疾患を持っている方かもしれない。

これは、コロナウイルスに限りません。

いま、とても急いでいる人(たとえその人が車でスピード違反をしていても)は

家族の急病のために病院へ駆けつけようとしているのかもしれない。

いま、自分が理解できないような行動を取っている人は

誰にも言えない秘密を抱えたまま、頑張っているのかもしれない。

いま、余裕そうに見える人は

そう見せることでしか気持ちを保てない状況に立たされているのかもしれない。

見えている(つもりの)情報だけで、どうか判断しないでください。

あと少しだけ引いて、可能な限り広い視野で客観視しようとトライしてみてください。

これを僕は、ヨガから学ばせてもらっています。

神様や仙人のような視野は僕だって出来る気もしませんが、

それでも世界を広く感じ、自分も広くある努力をしていきましょう!

あと少し。きっとあと少しで、正しい行動を継続していけば事態は好転していくはずです。

僕はそう信じています。

医療従事をされている方、多くの方と接するお仕事をされている方も

受講生の中に多くいらっしゃいます。

どうかどうか、ご自身の体調にも十分に注意してお過ごしください。

早くみなさんにお会いできる日を、心から楽しみにしています!

2020年3月7日(土)

ヨガスタジオesse 代表  淵江亮一

スクリーンショット 2019-11-15 14.13.29

コロナウイルス関連につき、レッスン休講のご連絡

コロナウイルス関連につき、レッスン休講のご連絡

コロナウイルス関連につき、レッスン休講のご連絡

 
  
受講生のみなさまへ
 
  
平素よりお世話になっております。
ヨガスタジオesseの淵江です。
 
  
みなさんもご存知の通り、
政府要請により公立学校の最低2週間休校などが決定しております。
また大勢が集まる大手エンターテインメント施設(TDL、UFJ、キッザニアなど)も
まずは2週間程度を目処に一時休園などを発表されています。
 
  
お仕事をされているみなさんはもちろん、
また家庭でお子さんや、介護を必要とされる方などがいらっしゃる方も
とても不安な気持ちで過ごされていらっしゃると思います。
 
  
私の子供たちの学校も4月までの休校が決まり、
一時保育をお願いできるところもなく、対応を考えているところです。
 
  
今週からRYT200講座も始まる予定でしたが、
まずは 3月2日(月)〜3月7日(土)の全てのレッスンを全てお休みとさせていただきます。
*プライベートレッスン、RYT200 の双方が対象となります。
 
  
ヨガはご存知の通り、
講師ー受講生が非常に近い距離の中で呼吸とともにレッスンを行うため、
お互いの安全確保を最大の目的とし、
またそこから派生するであろう可能性を断ちたいというのが理由です。
 
  
今後、世界の状況がどう変わるかで当スタジオの対応も随時変えていく予定です。
1週間単位で、状況を判断できればと思っています。
 
  
ヨガは自宅でもできるので、ぜひ継続してください!
今回の状況で一番大切なのは、自分の力で免疫力を向上させておくことですね。
 
  
引続き、どうぞよろしくお願いいたします。
 
  
淵江

my practice 201910

今日はおよそ90分の動画が撮れたのでアップします。

現在の僕の練習内容がこちら。

日によって少し変わりますが、

だいたい日々、これらのアサナと向き合っています。

何か参考になることがあれば幸いです!

 

 

ふちえ

流れをつくる。

流れをつくる。
2019年9月28日(土)

おはようございます。

今日は、「流れ」について。
スクリーンショット 2019-09-27 16.10.37
これは、今の自分がヨガのプラクティスに対して一番意識を向けている点です。
流れるように。
流れをつくるように。
逆にいうと、ピークを作らないようにする。
EEG-frequencies
イメージは、波形です。
周期の短い波形ではなく、長い波形をイメージする。
それは、呼吸も、動きも。
僕がイメージしているのは、
明らかにガンマやベータの波形ではない。
アルファとシータの間くらいで、頭の中ではもう少し規則的な波形を
イメージしていますが、こんな感じであります。
これが面白い。
この波形イメージを長く実践できたとき(そのように動けたとき)、
僕自身は極めて瞑想的な状態を感じることができます。
こう書いていて気づいたのですが、
体の動き≒脳波の動き
となるべきだとも思うので、
やっぱり「ピキピキ動かない」ことは瞑想的になっていって当然だと結論に
自分の中で至りました。
よく「ヨガとストレッチの違い」「ヨガとエクササイズの違い」が疑問として浮かび、
語られますが、
この波形に焦点を当てれば
答えは明白なのだとも思いました。
さて。
僕自身も、多くのヨガ実践者(みなさんのことです)と同様に、
教本やレッスンなどで、
「このポーズはこの形!」
と教わってきました。
でも、それが意味をなさないことを少しずつ知ってきました。
自分の練習が本格化するにつれて知りたくなってきたのは、
ポーズとポーズの間の動きでした。
どのように紡ぐのか。それを知りたくて、調べ、練習してきました。
最近になって感じているのは、
ポーズとポーズの間の流れだけでなく、1つのポーズの中の流れ、
そしてポーズの「完成」と言われる状態の中の流れ。
全てに流れを見えたとき、
とても素晴らしい感覚が私を包んでくれます。(英語表現ですね 笑)
スクリーンショット 2019-09-27 16.06.53
僕自身の練習では、だからこそ「止まらない=流れていく」ことに
大いなる意識を向けています。
正直言うと、「ピーク=ポーズの完成」は無視です。
ないものとして考える。
そして多分、それはそもそも存在しないものだとも感じるようになってきました。
膝の角度を90度まで、とか
手をまっ直線に、とか
そういうのではなく、
「エネルギーを流していく」
ことに意識を置くと、
本当に止まらないのです。
そして体が活性化していくのを、痛感しています。
さあ、今日もよき日に!
ふちえ

この先生たちは一体、どんな時間を重ねて、こういうことが出来るようになっているのだろう?

この先生たちは一体、どんな時間を重ねて、こういうことが出来るようになっているのだろう?

いかがお過ごしですか?

IMG_7916-2

ちょうど去年の今頃、

いまesseがある物件を見つけたことを思い出しました。

床はどうしようとか、音響は、とか。

色々と考えるのが楽しかったのを今でも覚えています(^^)

 

スタジオをオープンするにあたって、悩みなどは何もなく、

ただただ

「いい場所にできたら」

とだけ考えていました。

↑ これって、僕が普段レッスンでお伝えしている気持ちと同じなので、

「ああ、そう思えてよかったな」と振り返って強く感じています。

 

プライベートレッスンも述べ900名ほどの方に受講いただき、

たくさんの方の変化を共有させてもらい、

僕自身も少しずつ変わってきているのを実感しています。

 

なぜか昔のことを思い出したついでに、

自分のヨガに対する時間の積み重ね方も思い出しました。

これって、多くのヨギ・ヨギーニ(ヨガをする人のこと。例え初心者であっても)は

気になるところじゃないですか!?

自分が知っている先生/インストラクターが、一体どんな経験を積んで

今のようになったのか。

ヨガを始めた当時、僕は知りたかった。

「この先生たちは一体、どんな時間を重ねて、こういうことが出来るようになっているのだろう?」って。

でも聞く機会は実際なかなかないし、

その人の練習を見れるわけでもないし。

スクリーンショット 2018-10-17 12.42.24

僕自身が良かったな、と自分の過去のヨガに思うこと。

それは、

「RYT200卒業時に考えたシークエンス」

にあると思っています。

 

当時のノートを見ても、これが非常によく構成されていて

僕自身、この最初に考えたシークエンスに少しずつ色々なアサナを加え

現在の形となっているのですが、

大まかな流れは一切変えていない

というところに大きなポイントがあると思っています。

 

変える必要があれば、経験に応じて変えてきたと思うのですが、

その全体的な流れは、変える必要がないと判断し続けてきました。

 

スクリーンショット 2019-01-21 5.29.02

当時考えていたテーマは

・全身を使う

・徐々に深められるシークエンス

・無理なく、安全に

この3つです。

 

これを「みなさんに経験していただこう!」 と考えましたので

 

2019年7月21日(日)9:30-11:00 のグループレッスンは

「僕がRYT200卒業時に考えたシークエンス」

を行いたいと思います!

僕が考えてきたヴィンヤサ・フローのベースとなる、

全身をくまなく使うアサナの流れをシェアできれば、と思っています。

運動量は少なくはないけれど、

難しいポーズはなく、

誰でもチャレンジできるものです。

ご興味ある方はぜひ!!!

GL

なんでヨガ?

例えば、釈迦の仏教でいう「出家」。

お寺に行き、髪を剃り、お経を唱え・・・

それらは確かに出家の中の「行為」の一部でありますが

本来の意味するところは、また別のところにあると思っています。

カースト制を余儀なくなれていた古代インドの人々の中に、

「支配するとかされるとか、そんなんじゃない人生の方がよいのでは?」

と経済的には裕福な家庭環境を飛び出した1人の少年。

AdobeStock_83532887.jpeg

のちに「目覚めた人=ブッダ」と呼ばれるその人の心は

「既存の枠・常識から脱すること」

があったはずです。

その先に、お経を唱え、修行をするなどの行為がついてくるのですが

あくまでそれらは後からついてきたもので。

そしてその「既存の枠」から脱した一番先に、

「涅槃」、つまり輪廻転生からも脱する極地があるとされています。

*涅槃(ねはん)・・・煩悩を滅尽して悟りの智慧( 菩提)を完成した境地のこと。生死を超えた悟りの世界。

とても簡単に書くと、

「もー! いろいろうっとおしいねん! もっと自由に生きようや、みんな!」

という気持ちの表れが、出家や修行という行為に表れているのだと思います。

逆にいうと、出家や修行などは

「自由を求める時間」

と言い換えることもできますね。

AdobeStock_58597858.jpeg

今度は、「革命」について。

Revolution.

辞書を調べると、「王朝が古きから新きに変わること」という意味の他に、

「被支配者層が支配層を倒し、彼らが政治的権力を握って、国家や社会組織の根本を変えること」

とあります。

まさに「不自由から自由へ!」という流れですね。

IMG_9027.jpg

ヨガも、世の中には色々あるみたいで。

「ヨガはひとりで自分に没頭するものだ」

「ヨガこそ仲間と一緒の時間を過ごすものだ」

「膝の角度は90度で、目線は・・・」

「まずは合掌から。そして・・・」

「もっと腕をまっすぐ。もっと、もっとよ!」

「ひらすら呼吸に意識を・・・」

これはいつもレッスン生のみなさんにお伝えしているのだけれど、

ヨガの動きの基本とされる太陽礼拝ができたとされるのは1910年頃。

「動くヨガ」の歴史はその頃から始まっていて、

その前まではヤマ・ニヤマ(生き方の制御、みたいなもの)の実践を経た者だけが

アサナ(当時は座位が中心。代表例がパドマアサナなど)を取り組めたのだけれど、

その1910年頃を境に、

「みんな、もうちょっと気軽に体を動かして、健康になろうね!」

という流れができた。

逆にいうと、「動くヨガ」の歴史は2019年現在、およそ100年しか経ってない。

いま、色々とみんなで主張していることも、

例えば1800年代のヨギー達からしたら、

「へ? あんたら何言っちゃってんの?」

ってなることばかりなはず。

でも、こうやって変わってきた歴史の中に、

「もっと自由に!」

という気持ちがあったからこそ、色々な流れができてきたのだと思っています。

スクリーンショット 2019-02-06 8.28.11

もっと、自由であっていいと思う。

そしてその自由を求める時間こそ、ヨガにも存在している。

自由な分、リスクや責任は自分で負うことになるけれど、

でも出家だって革命だって、自由を求めた結果、何かの行為を起してきた。

そして自由はいつだって、

既存の枠や常識とされることから逸脱していくこと。

 

「これはね、一般的には・・・」

「常識的に考えるとさ・・・」

「うちの会社のしきたりでは・・・」

そんなことも大事だけれど、あなたの自由も大事でしょ?

20190504shodosima0090.jpg

自由に生きるために、

見て、考えて、実践して。

あなたの自由は、あなただけのもの。

 

頑張りすぎると息が詰まるから、

だから呼吸をゆっくり、深く。

色々な枠やしがらみがあって、

そこに縛られてしまいがちな世の中だけれど。

でも、

あなたの体を通して感じた「気持ち良さ」こそ

自由の証なのだと。

 

今日もあなたの心と体が、

少しでも気持ち良くありますように。

keep breathing  &  peace, peace, peace ・・・

 

 

ふちえ

与えられるもの、ではなく。

古くからヨガは、

師から弟へアサナが伝授されてきています。

(Asana。僕はアサナと書くけれど、アーサナと言ったり、ポーズと言ったりすることの方が多いですね)

アートボード 2-100

師:「よっしゃ、ボチボチ次のポーズにいってみっかー!」

弟:「あざーっす!今までのことを礎に、また新きに取り組んでみます!」

みたいな感じで。

 

このスタイル、不自由に見えるかもしれないけれど、

とっても安全で、とっても意味があると思っています。

 

僕自身はというと、

とある時期から完全に自分での練習に意味を見出してきたので

与えられるというよりは、自然発生的に(とか言いながら、本や映像で見た知識が前提にはあるのですが)

「お、もしかすると今日はこれができそうかも」

と思い、取り組んでみると、だいたい出来ることが多いので

さらにひとりでの練習に意味を見出すようになったりもしています。

 

アジャストをされた経験がほとんどないから、

自分でもたくさんの失敗をしていていますが

その失敗を経験とし、みなさんに安全で無理のない取り組み方を

お伝えできているのではないかとも思っています。

 

でも、たまにこんなことがあります。

レッスン生「先生、このポーズ、何としてもやりたいです!!!」

私「ぬぉ!!!! このポーズですか!? はい、やりましょう!

(内心・・・おいおい、言っちゃったよ。。。でもやったことないし・・・)」

AdobeStock_220573693.jpeg

そうなんです、内心、とっても衝撃を受けている時もあります。

でも、みなさんが目標とするものがあるなら、

一緒に叶えていきたいですから。

ワタクシ、誠心誠意、ガンバリマス。

 

で、ここから自分と改めて向き合うことに。

 

まずは自分でそのアサナと向き合ってみる。

理論的に考え、リスクを減らし、どのアサナとの組み合わせや進化・変化で

目標とするアサナに繋いでいくのか。

 

これを考える時間こそ、僕のヨガにとってとてもとても大切な時間。

身体の動きに、知性を与えていく時間。

Body Intelligence Yoga.

 

スクリーンショット 2019-05-27 5.15.26

eka pada raja kapotasana (片足の鳩の王様のポーズ)

は、僕にとってそんなアサナのひとつ。

「やってみたいです!」

と言われて、「いいですよ!」と快諾し、

でもやったこともないから、

次に教えるまでに(1週間後)、ある程度の水準をクリアしたい私。

 

今までの失敗、経験、全てを考慮して、

身体の動きを分析し、見て、

そこからプランを考え、実践する流れを組みます。

(このアサナは、足が頭につくようになるのに5日ほどかかりました。)

 

師から。

弟から。

自分から。

本当に色々な「与えられるもの」があって僕たちは前に進んでいて、

きっと誰からとか、どこからというのはあまり大切ではなく、

一番大事なのは

「向き合った自分」「向き合える自分」「向き合おうとしている自分」

の存在なのだと

自分自身を振り返っても、

レッスン生のことを見ていても、

そう強く感じています。

 

 

「あの人が教えてくれた」という気持ちも

やっぱり大事ですよね。

僕もそういうものを抱いています。

 

でも実際に頑張っているのは、あなた自身だから。

僕はただ、少しのアドバイスをしただけ。

20190503shodosima0052

佐介(息子。3歳半。仮面ライダージオウと阪神タイガースが好き)は、

僕がやっているのを見て、

やり方も聞かず、いきなりハンドスタンドにチャレンジしました。

僕、何も言っていないんですよ。

で、2歳年上の姉に教える時に、

「ちゃうねん、お腹やねん」

とか言うんです。

もうビックリして。

彼は、自分でやってみて、「お腹の感覚」が一番大切だと分かったのですね。

彼は彼で、自分にしっかり向き合っていました。

ほんと、勉強になる。

なんだかとりとめなくなっちゃいましたけど、

一番お伝えしたかったのは、

先生も大事だし、師匠も大切だけど、

「頑張ろうとしているあなたが、一番尊い」

ということ。

ではでは、よき週末を!

 

 

ふちえ