なんでヨガ?

例えば、釈迦の仏教でいう「出家」。

お寺に行き、髪を剃り、お経を唱え・・・

それらは確かに出家の中の「行為」の一部でありますが

本来の意味するところは、また別のところにあると思っています。

カースト制を余儀なくなれていた古代インドの人々の中に、

「支配するとかされるとか、そんなんじゃない人生の方がよいのでは?」

と経済的には裕福な家庭環境を飛び出した1人の少年。

AdobeStock_83532887.jpeg

のちに「目覚めた人=ブッダ」と呼ばれるその人の心は

「既存の枠・常識から脱すること」

があったはずです。

その先に、お経を唱え、修行をするなどの行為がついてくるのですが

あくまでそれらは後からついてきたもので。

そしてその「既存の枠」から脱した一番先に、

「涅槃」、つまり輪廻転生からも脱する極地があるとされています。

*涅槃(ねはん)・・・煩悩を滅尽して悟りの智慧( 菩提)を完成した境地のこと。生死を超えた悟りの世界。

とても簡単に書くと、

「もー! いろいろうっとおしいねん! もっと自由に生きようや、みんな!」

という気持ちの表れが、出家や修行という行為に表れているのだと思います。

逆にいうと、出家や修行などは

「自由を求める時間」

と言い換えることもできますね。

AdobeStock_58597858.jpeg

今度は、「革命」について。

Revolution.

辞書を調べると、「王朝が古きから新きに変わること」という意味の他に、

「被支配者層が支配層を倒し、彼らが政治的権力を握って、国家や社会組織の根本を変えること」

とあります。

まさに「不自由から自由へ!」という流れですね。

IMG_9027.jpg

ヨガも、世の中には色々あるみたいで。

「ヨガはひとりで自分に没頭するものだ」

「ヨガこそ仲間と一緒の時間を過ごすものだ」

「膝の角度は90度で、目線は・・・」

「まずは合掌から。そして・・・」

「もっと腕をまっすぐ。もっと、もっとよ!」

「ひらすら呼吸に意識を・・・」

これはいつもレッスン生のみなさんにお伝えしているのだけれど、

ヨガの動きの基本とされる太陽礼拝ができたとされるのは1910年頃。

「動くヨガ」の歴史はその頃から始まっていて、

その前まではヤマ・ニヤマ(生き方の制御、みたいなもの)の実践を経た者だけが

アサナ(当時は座位が中心。代表例がパドマアサナなど)を取り組めたのだけれど、

その1910年頃を境に、

「みんな、もうちょっと気軽に体を動かして、健康になろうね!」

という流れができた。

逆にいうと、「動くヨガ」の歴史は2019年現在、およそ100年しか経ってない。

いま、色々とみんなで主張していることも、

例えば1800年代のヨギー達からしたら、

「へ? あんたら何言っちゃってんの?」

ってなることばかりなはず。

でも、こうやって変わってきた歴史の中に、

「もっと自由に!」

という気持ちがあったからこそ、色々な流れができてきたのだと思っています。

スクリーンショット 2019-02-06 8.28.11

もっと、自由であっていいと思う。

そしてその自由を求める時間こそ、ヨガにも存在している。

自由な分、リスクや責任は自分で負うことになるけれど、

でも出家だって革命だって、自由を求めた結果、何かの行為を起してきた。

そして自由はいつだって、

既存の枠や常識とされることから逸脱していくこと。

 

「これはね、一般的には・・・」

「常識的に考えるとさ・・・」

「うちの会社のしきたりでは・・・」

そんなことも大事だけれど、あなたの自由も大事でしょ?

20190504shodosima0090.jpg

自由に生きるために、

見て、考えて、実践して。

あなたの自由は、あなただけのもの。

 

頑張りすぎると息が詰まるから、

だから呼吸をゆっくり、深く。

色々な枠やしがらみがあって、

そこに縛られてしまいがちな世の中だけれど。

でも、

あなたの体を通して感じた「気持ち良さ」こそ

自由の証なのだと。

 

今日もあなたの心と体が、

少しでも気持ち良くありますように。

keep breathing  &  peace, peace, peace ・・・

 

 

ふちえ