簡単ヨガ【ardha surya namaskar】

スクリーンショット 2018-09-17 8.53.25

半分の太陽礼拝

ardha surya namaskar

アルダ スーリヤ ナマスカー(ラ)


 

僕がお伝えしたいのは、

「体に負担をかけずに、体に成長をもたらす」やり方です。

 

 

動画としては1分ですが、実際の動きは1回あたり40秒程度です。

朝起きて。

ランチ前に。

ちょっとした休憩時に。

 

わずかな時間、わずかなスペースで出来る「半分の太陽礼拝」を、

可能な限りやってみてください。

 

最初は前屈の際に膝が伸びきらないでしょう。

それは僕も同じでした。

 

この「半分の太陽礼拝」を日常に取り入れると、

全てが変わってきます。

これは僕の経験してきたことで、確信しています。

 

知らず知らずのうちに、必ず体が伸び、前屈が深まって、筋力もついてきます。

 

僕は今でも朝起きて、お湯を沸かしている間に3回ほど、

パソコン作業が続いたら休憩して3回ほどやったりしています。

1日の中でトータル10回ほどを行っています。

 

簡単で、日常的に継続しやすいヨガのひとつです。

ぜひぜひ、気軽にやっていきましょう!

 


【解説】

ポイントは【呼吸】と【膝を曲げる】。この2点!

 

①まっすぐ立つ

【吸】手をサイドから回し上げ、空の上で合掌

【吐】吐きながら、まず膝を曲げる → お腹と太ももを近づける → 膝を伸ばせるところまで伸ばして深い前屈

※この時、僕は頭を完全に下げて後ろの壁を見ていますが、レッスンで指導された方は「目線を大地」にしてください。その方が、背骨が真っすぐになりやすいです。

【吸】吸いながら、まず膝を曲げる → 頭を上げながら手を太ももにつく → 膝を伸ばし、肘を伸ばしながら胸を前に → 半分の前屈

※ポーズとしては「半分の前屈」ですが、体を地面と水平の位置でストップすると腰に負担がかかるので、動画のように頭を70度くらいまでアップする。そうすると、②の深い前屈で頭方向へ巡った血が再度下半身へ戻り、体内循環がより良くなっていきます。

⑤【吐】吐きながら、まず膝を曲げる → お腹と太ももを近づける → 膝を伸ばせるところまで伸ばして深い前屈

※②と一緒。まず膝を曲げることで、腰への負担を最小限にしていきます。

【吸】吸いながら、まず膝を曲げる → ゆっくり体を起こしながら → 手をサイドから上げて空の上で合掌

⑦【吐】吐きながら、手を体側に戻して真っすぐ立つ。


 

膝を伸ばしたまま体軸から頭を離していく際に、どうしても腰に負担がかかっていきます。

特に頭の位置を上下させる時に膝を曲げると、頭の位置が体軸へ近くなるので、腰への負担が最小限になります。

ぜひ膝を曲げながらやってみてくださいね!

 

ではでは、またレッスンでお会いしましょう!

 

りょういち